仮想通貨と株式投資~There is something that I want to tell you.~

仮想通貨、ビットコイン、株式、たまに日常について書いていきます。

【仮想通貨】ビットコインだけではもったいない~イーサリアム、モネロ、リップル、ネム、ライトコイン~

 イーサリアムがビットコイン時価総額に近づいており逆転するのではないか、こう騒がれてから、乱立している仮想通貨の中には価値があるものが眠っているのではないかと考えるようになりました。

他の通貨も価格が急騰しているニュースもあり、なるべく早く判断をしなければと感じたため、国内の取引所で一番仮想通貨の種類が多いインチェックでウォレットつまり口座開設をしました。そしてコインチェックで扱っている12種類の仮想通貨を以下のようにまとめ、5種類の通貨の購入を決めました。

 

以下を参考にしてみてください。すぐに読めます。気になる通貨があればさらに調べてみてください。調べていくうちに今まで気付かなかったこともたくさん発見しました。

 

【イーサリアム(単位:ETH)】

ビットコインに次ぐ時価総額2位、不動産情報を記録する。

【イーサリアムクラッシック(ETC)】

イーサリアムはハッカーに狙われたことがあり、クラッシックはそのとき切り離された側、従来のまま残っている。

【LISK(LISK)】

時価総額20位~30位、イーサリアムに似ている、サイドチェーン、Javascript

【Factom(FCT)】

ビットコインブロックチェーン上に、貸付記録、証券、保険、医療等、チェーンが重くならないように作られた。

【Monero(XMR)】

時価総額4位くらい、上限発行数が18,400,000XMRと少ない。

【Augur(REP)】

未来予測市場、将来起こりうることについて賭けて、報酬を配分する。

【Ripple(XRP)】

時価総額3位、三菱UFJが採用を決定した。

【Zcash(ZEC)】

2016年10月28日取引開始、急騰し翌月に大幅下落、一日で七割以上下落する日も。
【NEM(XEM)】

取引頻度、取引額が多く利用した人に報酬を与える、新規発行はなし。 

【Litecoin(LTC)】

ビットコインの欠点を解消、最も割安だと言われている。

【DASH(DASH)】

匿名性が高い、即時取引が出来る。

 

上記より、【Monero(XMR)】、【Ripple(XRP)】、【NEM(XEM)】、【Litecoin(LTC)】、【DASH(DASH)をコインチェックから購入をしました。

 

ビットコインとイーサリアムはすでに保有をしている仮想通貨は合計で7種類になりました。今後の値動きに期待したいところです。

 

仮想通貨の全体に言えることは、発行枚数がすでに決まっていることですね。需要があれば希少価値が増えて、価格が上がっていくという側面は魅力のひとつです。

 

 

 

注記:

ひとつの記事で、仮想通貨の概要をまとめたいと思い作成しておりますので、表現が分かりにくくなっている点についてご了承いただければ幸いです。