仮想通貨と株式投資~There is something that I want to tell you.~

仮想通貨、ビットコイン、株式、たまに日常について書いていきます。

【人工知能】AI、機会学習、ディープラーニング、グーグルは「AIファースト」ヘ

グーグルは「モバイルファースト」から「AIファースト」へ舵を切り未来へ歩み始めています。私もアルファベットの株式をワンタップバイでこつこつ買い増しをしているのですが、実際のAIとは何なのかをまとめていきたいと思いましたので、書いていきます。


人工知能とは、知的な情報処理やその技術のことを指し、人間のように何かが出来るようになること、またはそれを超えるようなことが出来ると表現されています。

 

このニュアンスは機会学習、またその中のディープラーニングのことを言っているのですが、全部同じ意味のように聞こえますが少しずる違うので区別しておきましょう。

 

機会学習とは

『膨大な入力と答えのセットを通じて知識を獲得すること』である。

特に、画像データ等を一段階の処理では判断が難しく、同じデータを二段階、三段階と複数の段階を経て処理を行い、結果を導き出す技術をディープラーニングと言う。

機会学習のひとつがディープラーニングであり、その他の計算プロセスは、決定木、帰納論、ニューラルネットワークがあるのでひとつずつ確認していきます。

 

決定木

 Yes or No の分岐を繰り返して学習する。コンピューターがこれを学び、たとえば症状から病名を特定したりする方法。

 

帰納

AならばB、BならばCと論理式を学習する。これをつかってコンピューター自身が答えを出す。

 

ニューラルネットワーク

コンピューター上に、脳の神経細胞であるシナプスと同様な神経伝達の仕組みを作り、計算処理をする。人工的に作ったニューロンをノードと呼んでいる。

入力層、中間層、出力層を設定し、入力した信号の合計が決めた値(しきい値という)を超えたときに、ノードは信号を出力し、どのようにノードをつなぎ合わせていくか(重み付け)を考える。

※これだけ読むと難しいので、飛ばしてディープラーニングへ進んでほしい。

 

ディープラーニング

ニューラルネットワークの中間層を多層化し、数十、数百とノードを構成したものである。例えば画像認識をするときに、同じ画像を何度も何度もスクリーニングをかけて、これは女性の人間が微笑みかけている写真である、と言った判断をコンピューターが自分で判断できるようになうことである。

※以下グーグルが提供しているツールである。翻訳をかければ日本語も分かりやすく書かれているので、興味のある方はどうぞ。

 

playground.tensorflow.org

 

上記で機会学習の計算するモデルを紹介しましたが、機会学習の学習方法にはふたつあることも併せて覚えておきたいところです。

 

教師あり学習

これは犬ですか、これは猫ですかと正解・不正解の解答の膨大な量を蓄積していく学習。

強化学習

サッカーの試合を勝つために、繰り返し練習して価値のパターンを学び、その知識を膨大に貯めていく学習。

 

になります。少し前に話題になったアルファ碁は何回も何回も勝ち方を学び、最強になったということになります。機械学習ディープラーニング用い辿りついた結果です。

 

ディープラーニングは大量のデータがあり、複雑な問題の正解や解決の傾向を導き出すことが得意であるが、逆に1円単位のよう解には誤差を出すような苦手分野も存在します。また画像を見て、それが何なのか判断することはまだ人間の方が優れているようです。

 

AIは魔法のようなものではなく、膨大なデータの処理が出来るようになった時代だからこそ表舞台に出てきたと言えます。

しかし、ディープラーニングは前例を教えても、解き方を教えません、人間が思いつかないような答えを出してくることが可能性としてあります。シンギュラリティは近いかもしれませんね。

【仮想通貨】UASF、segwit(セグウィット)、ICO、ビットコインの知りたい現状をひとつに簡単にまとめました。

仮想通貨ビットコイン関連で最近目にするUASF、segwit(セグウィット)、ICOなど。ひとつひとつのキーワードを調べれば、簡単なものから難しいものまでたくさん情報が出てくるのですが、1ページにまとめた記事がほとんど見当たりませんでしたので作成しました。初心者の方や復習に、また時間のない方に参考にして頂きたいです。

 

UASF(User Activated Soft-Fork)

 今話題になっている理由は、ユーザー側は技術面の向上やそれに伴う混乱を防ぎたいという思いや、そうあることが全体のメリットになるという観点から多くの人がそうなるように願い主張をしているためです。

 ここで言う技術面の向上とは、segwit(セグウィット)のことです。データ量を小さくすることで取引処理能力を上げることが出来ます。モナコイン、ライトコインはすでに採用しています。

 UASFとは、マイナーに大多数の支持を不要としたまま実行するソフトフォークのことです。ソフトフォークとは、以前の仕様を残したまま、今後のすべての使用を変更する方法です。

 ビットコイン技術は話し合いで決められます。それをまとめているのがBIPという文章なのですが、BIP148には、2017.8.1~2017.11.15の間、segwitを採用しないブロックは拒否するようにするとなっています。そのため、8/1にUASFが起こるだろう、11月には答えが出るだろうと予測情報が出ているのだと考えられます。

 今回はソフトフォークをするはず、マイナーもそうするであろうと考えられますが、もしも採用がされなかったらここまで決まっていることが出来なかったら大混乱です。このような背景から中国のマイナー集団等もUASFを受け入れると発表しており、おそらくは大丈夫だとは思います。

 実際、無事にソフトフォークしたら、その前後にビットコインは上昇する確率は高いでしょう。8月か、11月あたりでしょうか。モナコイン、ライトコインsegwitが採用されたとき、価格は上昇をしています。動向を見守りましょう。投資チャンスはありそうですね。

 

ICO(Initial Coin Offering)

開発者側がトークと呼ばれる仮想通貨を発行し、資金調達をする方法です。株式で言うIPOです。ICOは投資してくれクリプト(仮想通貨)の量に対してその分のトークを発行します。クラウドセールとはICOの申し込み期間のことで、株式でいるブックビルディング期間になります。トークは上限が決まっていることもあれば無限に発行される場合もあり、株式のブックビルディングは抽選でなかなか当たらないことが多いですが、ICOはそのような制限がないので、実際に間に合うことも多いでしょう。しかし、まだ実例も少ない上に、よくない結果に終わったものもあるようなので現段階では投機的だと言わざるを得ません。

 

いかがでしたでしょうか。お役に立てましたら幸いです。

 

 

【半導体】半導体、液晶、有機EL、違いが分かりますか、これだけは知っておきたい基礎キーワード

週刊エコノミスト6/13号「有機EL半導体バブル」読みました。

ここでは、先に書いた有機ELとは別に半導体産業の動きについて考えていきたいと思います。

 

フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)は、

^SOX Interactive Stock Chart | PHLX Semiconductor Stock - Yahoo Finance

2017年3月に16年半ぶりの1000を突破し、ITバブル2000年以来の水準となりました。

しかし、今回はまだまだ勢いは続くように感じます。その理由をいくつか後述します。

 

現在、DRAM・NANDメモリーはともに価格が上昇を続けています。DRAMは読み書きが高速、電源を切ると情報が消えるメモリ、NANDは読み書きは遅いが、電源が切れても情報が切れないメモリです。さすがにスマートフォンやパソコン市場の需要は減っているようですが、今話題になっているのは、データセンターサーバーの記憶装置がハードディスク(HDD)からNANDフラッシュメモリにどんどん替えられています。理由は簡単で容量が増え続けている流れに対応するためです。(2016.10.25号週刊エコノミストにも詳しく載っているようです。)

また最近はIoTのキーワードをはじめ、自動運転、AI関連でも半導体は必須になり、半導体関連企業もどの方向へ進んでいくべきなのかを模索しているようですね。

 

インテル

2017年3月 先進運転支援システムの画像処理用半導体チップを扱うモービルアイを153億ドルで買収。

 

信越化学、SUMCO

ウエハーを扱う2強、ウエハーはメモリ価格の高騰に続く世に価格の引き上げが見られる。

 

ディスコ

チップの切断装置を扱う。消耗品のため半導体業界の伸びは業績安定につながる。

 

東京エレクトロンSCREENホールディングス

NANDフラッシュの積層化に力を入れている。価格の高騰しているNANDフラッシュメモリに付加価値を付けている。

 

米ICインサイツという半導体市場を調査してる企業によると、

2017年、年初5%成長を予想していましたが、4月には11%に情報修正してきています。また台湾TSMC、エヌビディアも伸びが大きそうなので、また個別に追っていきます。

 

取り急ぎ、よしなに。

【有機EL】半導体、液晶、有機EL、違いが分かりますか、これだけは知っておきたい基礎キーワード

週刊エコノミスト6/13号「有機EL半導体バブル」読みました。

半導体、液晶、有機ELまとめて話題になることが多いですが、ひとつひとつ説明できるようにしないと次に進めないなと思っていたところだったので、ここでは有機ELについてご紹介したいと思います。

 

 有機EL(Electro Luminescence)とは

量産はサムスンLG電子の2強

蒸着装置はキャノントッキ・アルバック

有機ELは、蒸着装置、タッチセンサー、発光材料が必要

 

有機EL(Electro Luminescence)とは、

 電気を流すと自ら発光する材料のことで、海外ではOLED(オーレッド)と呼ばれています。これが、液晶の次の技術と言われています。液晶はバックライトがないと光らないので、有機ELを使うことで、バックライトが使用しない分薄くすることができます。自ら発行するので消費電力は少なく、有機ELは高画質です。スマホ等のガラス基板をフィルムにすれば曲げることもできます。液晶と比較すると良いことだらけの有機ELをもうそろそろアップルが採用するようなので、時代はまさに有機ELになりました。

 

量産はサムスンLG電子の2強

 しかし課題もあり、現在量産できるのは、サムスンLG電子の2強のみなのです。ジャパンディスプレイ(JDI)や中国、台湾の企業も着手しているものの量産体制が確立していないのです。

 

蒸着装置はキャノントッキ・アルバック

 有機ELは真空空間で基板にその材料を吹き付けて生産します。赤緑青の3色を定位置に吹き付けるという技術を量産するラインを確立することはとても難しいようなのです。真空空間で基盤に吹き付ける装置は蒸着装置になるのですが、これはキャノントッキ、アルバックの2強になり、日本の企業が頑張っています。また、平田機工は蒸着装置の生産設備を供給しており、キャノントッキの製造ラインに取り入れられています。

サムスンはキャノントッキと組み、2007年から量産を始めているので他の企業と大きく差がついています。

 

有機ELは、蒸着装置、タッチセンサー、発光材料が必要

 現在普及しているスマホは液晶画面なので、有機ELへ買い替え需要があると考えると、伸びていきそうですね。有機EL関連ではそのタッチセンサーを担う住友化学、発光材料を供給する出光興産も注目です。

 

 

【仮想通貨】ビットコインだけではもったいない~イーサリアム、モネロ、リップル、ネム、ライトコイン~

 イーサリアムがビットコイン時価総額に近づいており逆転するのではないか、こう騒がれてから、乱立している仮想通貨の中には価値があるものが眠っているのではないかと考えるようになりました。

他の通貨も価格が急騰しているニュースもあり、なるべく早く判断をしなければと感じたため、国内の取引所で一番仮想通貨の種類が多いインチェックでウォレットつまり口座開設をしました。そしてコインチェックで扱っている12種類の仮想通貨を以下のようにまとめ、5種類の通貨の購入を決めました。

 

以下を参考にしてみてください。すぐに読めます。気になる通貨があればさらに調べてみてください。調べていくうちに今まで気付かなかったこともたくさん発見しました。

 

【イーサリアム(単位:ETH)】

ビットコインに次ぐ時価総額2位、不動産情報を記録する。

【イーサリアムクラッシック(ETC)】

イーサリアムはハッカーに狙われたことがあり、クラッシックはそのとき切り離された側、従来のまま残っている。

【LISK(LISK)】

時価総額20位~30位、イーサリアムに似ている、サイドチェーン、Javascript

【Factom(FCT)】

ビットコインブロックチェーン上に、貸付記録、証券、保険、医療等、チェーンが重くならないように作られた。

【Monero(XMR)】

時価総額4位くらい、上限発行数が18,400,000XMRと少ない。

【Augur(REP)】

未来予測市場、将来起こりうることについて賭けて、報酬を配分する。

【Ripple(XRP)】

時価総額3位、三菱UFJが採用を決定した。

【Zcash(ZEC)】

2016年10月28日取引開始、急騰し翌月に大幅下落、一日で七割以上下落する日も。
【NEM(XEM)】

取引頻度、取引額が多く利用した人に報酬を与える、新規発行はなし。 

【Litecoin(LTC)】

ビットコインの欠点を解消、最も割安だと言われている。

【DASH(DASH)】

匿名性が高い、即時取引が出来る。

 

上記より、【Monero(XMR)】、【Ripple(XRP)】、【NEM(XEM)】、【Litecoin(LTC)】、【DASH(DASH)をコインチェックから購入をしました。

 

ビットコインとイーサリアムはすでに保有をしている仮想通貨は合計で7種類になりました。今後の値動きに期待したいところです。

 

仮想通貨の全体に言えることは、発行枚数がすでに決まっていることですね。需要があれば希少価値が増えて、価格が上がっていくという側面は魅力のひとつです。

 

 

 

注記:

ひとつの記事で、仮想通貨の概要をまとめたいと思い作成しておりますので、表現が分かりにくくなっている点についてご了承いただければ幸いです。

 

 

【仮想通貨】ビットコインは儲かるか ~まずは取引所からBTCを買う~

はじめまして。

ビットコイン始めました。ビットコインって最初は取引所に登録をするのが、個人投資家としてはベストだと思うのですが、分かりにくいですよね。実際始めるところから、ビットコインの将来を考えていきたいと思います。

 

ビットコインを2017年5月8日21:10価格197,659円0.3BTCを購入(約6万円)

後述しますが、株式投資をしておりブロックチェーン関連の情報を追っていたところ、行きついたのが仮想通貨、ビットコインでした。既にビットコインの価格は上がり出していましたが、今後も上がる要因が多いと判断し買うことを決めました。

 

まず、どこの取引所を使うか

bitflyer(ビットフライヤー)

Coincheck(コインチェック)

Zaif(ザイフ)など

取引所はしっかりしている方が良いと判断し、国内大手企業からたくさんの出資を受けている、

bitflyerを利用することを決めました。

登録はどこも同じような手順で、メールアドレス、名前などを入力、銀行口座の登録、運転免許証の写メのアップロードが必要です。15分くらいで終わります。

 

次に、銀行から入金なのですが、

ATMで入金すれば数時間くらいで着金します。振込先はプロフィール等載っているところを探せば分かります。私は取引所へ登録すること自体は2017年5月3日(ゴールデンウィーク、祝日)にしているので、その日中に入金してきたのですが、着金が5月8日ということでその間に約1割上昇していたので、とても悔しい思いをしました。(従来の銀行が、土日祝日に稼働しない、手数料が高い、このような理由も仮想通貨の普及につながっている要因のひとつでもあります。)

 

今、価格が上がっているので買いにくいという方も買いたい時に買えるよう入金まではしておいた方が良いと思います。

 

ビットコインを買う

bitflyerは提示されている確定の価格で売買する<ビットコイン>、

買いたい方、売りたい方リアルタイムで動いているところから売買する<取引所>

があります。

一番最初は<ビットコイン>から買ってしまいましたが、<取引所>のほうが、買うときは安かったりするのでこちらから買うようにしています。

 

ビットコイン単位について

1BTC=30万円で計算してみましょう。

BTCはビットコインの単位の名称です。

1BTCを買うのに30万円です、という意味です。

買うときも、売るときも、bitflyerでは

<+1><+0.1><+0.01><C(クリア)>

を押せば予想価格が出てくるので、計算は簡単です。

左右にスワイプすればチャートも出てくるので参考にして下さい。

 

ビットコインは儲かるのか

一つ目は、ビットコインブロックチェーンという技術を使っており、利用者が負担する送金コストを大幅に下げることをしているため、海外では利用者が大幅に増えています。

二つ目は、ビットコインの各取引が正しいかどうか確かめる人には報酬が得られる制度(マイニング)がありますが、約4年に一度報酬が半減するので、ビットコインが2倍以上になっていないと、計算上はインセンティブがないのでビットコインの価格があがっていかないと成り立たない。実際、2012年と2016年に半減期を迎えましたが、半減期手前で大きく上昇しています。

三つ目は、ビットコインの発行枚数の上限が2100万枚と決まっていることです。利用者が増えれば、取り合いになるので価格が上がるでしょう。

 

また、ビットコインは中国の外貨流出を防ぐ資本規制のための抜け道とされており、中国人が大量に購入していたのではないかと言われていますが、最近は規制も厳しくなっており、中国元の価格がビットコインの価格に影響があるという考察もありましたが、実際はそこまで影響していないように見えます。

日本人の利用者が増えたと言われていますが、まだまだこれからでしょう。日本ではビットコインでの支払いが出来る場所を増やし始めたところです。

 

ビットコインがFXのような取引を目的とした資金が流入しているので、短期的な騰落が見られますが、長期的に考えるととても魅力的な通貨だと考えられます。

 

今後も継続してビットコインを追いかけてみたいと思います。では。